一日何歩歩くか、それが重要 | 定年ジョイ - 卒サラ起業塾

一日何歩歩くか、それが重要

ある日歩数計に関する記事を読んでいて価格コムで人気No.1表示されていたタニタのAM-120に興味を持ち、ひとつ買いました。歩数とカロリーが7日間記録されます。(12週分の週間データも記録されますが、そちらの機能は使ったことがありません。)毎夜零時に自動的にリセットされるので、特に何も操作しなくても、その日のデータが見るだけで分かります。ポケットに入れていても、バッグに入れていても、あるいはベルトにつけていても非常に正確な歩数を測ってくれました。歩行以外の体の動きを捕捉しないようになっているようでした。

歩数計を買ったのは1月でした。そのころ東京の会社に通勤していましたが、自宅からJRの駅まで1,000歩、途中の乗り換えやら会社まで歩くのに1,250歩、また会社でいる間の歩数が1,000歩で、合計1日当たりの歩数は6,000歩程度でした。毎日1万歩あるくと健康になるというのを何かで読み、昼休みに会社の周囲(川沿いの遊歩道がある)を歩くようにしました。そういうわけで、定年退職した頃には毎日1万歩歩くようになっていました。

ニューヨークとか主要なヨーロッパの都市と違って東京の1,2月の寒さはしれています。1,2月でも昼休みに歩くのは非常に気持ちが良いものです。1日に1万歩⁽以前と比べて+4千歩)歩くことで体脂肪が減りました。腹囲が2㎝程減り、近年履けなくなっていたズボンが履けるようになりました。でも体重は1㎏程度しか減っていませんでした。体脂肪が減る分が筋肉に行っているのだと思いました。


binro

定年ジョイ(びん郎)のメールマガジンではアフィリエイターの皆さんにとって役立つ情報、面白い話、読者限定オファーなどを不定期に配信していますので、ご興味のある方は下記の申し込みフォームからお気軽にお申し込みください。

 

[knews_form id=1 name=ask surname=not_required stylize=1]

メルマガ中のリンクから簡単に購読解除ができ、また解除後の再開も歓迎です。

カテゴリー: 登山・健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


今日は。若干写真が若作りですが(フナッジー改め)びん郎です。

びん郎とは?
高校時代に塾の教師が「びん郎(敏郎)か、しゅん郎(俊郎)か?」と聞いて「びん郎です」と返事したため。Googleで「びんろう」と検索すると、ヤシ科の植物「檳榔」と出るので気に入っている。

プロフィール:
商社マンとして8年間米国在住歴あり、メーカーで国際事業部門、バイオ、ヘルスケアの研究開発を経験。定年退職してインターネット起業。

お問い合わせ:
こちらをクリックしてお問い合わせフォームよりご意見・アドバイスをお寄せください。