マウントゴックス破綻 ビットコインの行方は? | 定年ジョイ - 卒サラ起業塾

マウントゴックス破綻 ビットコインの行方は?

2月21日には1ビットコインの相場は10,000円を割ったが、23日には35,000円をつけ、25日には15,000割れ、今は紙切れの価値もない(デジタルなので・・・)。

370億円が一夜のうちにパーになったマウントゴックス社の利用者たち。

しかし、ビットコインの取引所はマウントゴックス社だけではない。かねて不安を内包していたと言われるマウントゴックス社の事実上の破たんでビットコイン相場はアク抜けし、一夜明けた今朝この記事の執筆時点で海外の取引所では500ドル台(5万円台)で取引されている。

image

「370億円が一夜にして消失、政府救済は?」などと、信用金庫の破たんのように取りざたするのは明らかにピントが外れており、これはハイリスクの投機というよりも「ゲーム」感覚なのだ。

1年余り前に1円で10,000円分買った人が昨年12月から今年2月の100,000円越えの時点で全額売ってしていれば、10億円(!)を手にしたことになる。

それにしてもビットコインとは一体何なのだ?

科学が好きで理論的な人はWikipediaでビットコインの項を読むとよい。

コンピューターの能力とネット社会が進化する中で、認証システム、確率論、競争原理、電子取引システム、取引所・・・総合的な理解の中で最も独創的な頭脳を持った人が、実験を重ねて世に送り出した「通貨」だ。

それが中本哲史(ナカモトサトシ)と名乗る日本人とは、何と痛快ではないか。Microsoft、Apple、Google、Facebook等々、何十年もアメリカ人にやられっぱなしの日本人が、彼ら以上に独創的なことをやってくれたのだから。 ビットコインの行方を期待して見守りたい。

ただ、今から海外口座でビットコインの取引に参入、などと考えるのはやめておこう。昨日ビットコインの相場が百数十ドル台に急落したときに100万円ほど投入していれば、今朝は300万円になっているわけで、そんな人もいるんだろうな・・・

カテゴリー: 投資・経済

今日は。若干写真が若作りですが(フナッジー改め)びん郎です。

びん郎とは?
高校時代に塾の教師が「びん郎(敏郎)か、しゅん郎(俊郎)か?」と聞いて「びん郎です」と返事したため。Googleで「びんろう」と検索すると、ヤシ科の植物「檳榔」と出るので気に入っている。

プロフィール:
商社マンとして8年間米国在住歴あり、メーカーで国際事業部門、バイオ、ヘルスケアの研究開発を経験。定年退職してインターネット起業。

お問い合わせ:
こちらをクリックしてお問い合わせフォームよりご意見・アドバイスをお寄せください。