まず敵を知れ!Google Partnerステータスを求めてAdWords認定資格試験を受験した | 定年ジョイ - 卒サラ起業塾

まず敵を知れ!Google Partnerステータスを求めてAdWords認定資格試験を受験した

Googleにはトレンドサイトを飛ばされたり何度か痛い目にあわされているので「にっくき敵」のように感じることも多いですが、今後インターネットマーケティングの世界で生きていくためにはGoogleが何を考えどこに向かっているのかを理解しないと話になりません。
そんなことを考える今日この頃、GoogleのAdWordsの営業から当社の代表番号あてに飛び込みの売込み電話があり、若い女性からの電話を受けた私は「ほんの10分でいいのでお時間いただけますか?」と言われ「いいですよ」と答えてしまい、言われるがままにAdWordsのマルチクライアントセンター登録手続きをさせられ、数日後、Google Partnerステータス取得要件としてのAdWords認定資格のためのセミナーと資格試験の案内がメールで届きました。

基本的にGoogleは広告収入を元に無料検索サービスを提供することが出発点ですから、AdWords~Adsenseの仕組みが如何に永続的に効率的に機能するか、ということが、キーワード検索の表示順位にしても、PandaやPenguinにしても、さらにはYouTube広告にしても、全ての基本になっているわけです。ですから、Googleの思想を理解するにはAdWordsのシステムの仕組みを正確・詳細に知ることが必須と思います。

「まずは敵を知れ」というわけで、1月27日・1月28日の2日間にわたり六本木ヒルズ27階のグーグル東京オフィスのホールで開催されたAdWords認定資格セミナー(セミナー終了後の受験)に行ってきました。

1月27日はGoogle AdWordsの基礎+初級試験
1月28日はGoogle AdWords検索広告(上級)及びディスプレイ広告(上級)+いずれかの試験

森タワーの1階にGoogleが認定試験の受付用のデスクを仮設置しており、そこで登録メールを印刷したものを提示して受付をすませて27階のホールに行きました。1列当たり3人掛けの長机が4つ並び、全部で約10列、参加者は2日目が約60名でした。(1日目はもう少し多かったかな。)

Googleの社員も、セミナー受講者も当然のことながら息子・娘の年齢。平均年齢が半分の人たちに混じっての受講なので、できるだけ若作りしていきましたが・・・。最前列中央の席に座って(隣の席に長身の美しい女性が座ったのでその席を選んだ)一日中真面目に受講しました。

AdWordsの広告単価決定(オークション)の仕組みやルールがわかり、結構面白かったです。PPCをやる人には是非お勧めの認定試験です。Adsenseしかやらない人も、広告の仕組みが分かりますから絶対に役に立ちます。それ以上に、今後ブログやウェブサイトを運用するために、Googleイズムの根幹を理解するという意味で、是非おすすめ。無料ですし、2日目はお弁当まで出ましたよ!

「俺はインターネットの事は全部知っている」と言い切れるほど自信のある人でも、セミナーを聞かずに試験だけ受けたら100%落ちます。私のような「1992年にTELNETベースでWWWをサーフィンして以来23年間ネットにへばりついてきた人」で、セミナーを聞いて必死で受験(2時間もある試験)して受かってほっとした、というレベルです。

ネットを仕事場にしていない一般人なら、事前に数日間勉強しないと受からないと思います。

Googleのロゴのついたノートやペンをもらったり、合格祝いと称して小さなお土産(各種携帯用電源キットみたいな)をもらったりして、Googleさんが段々好きになってきました。敵に調略されたというか・・・

招待者限定のフォラムとか入らせてくれるそうなので、「このサイトを低く評価する理由を詳しく教えてください。」とか、率直に聞けるようなコネクションができればいいなと思っています。

カテゴリー: アフィリエイト・SEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


今日は。若干写真が若作りですが(フナッジー改め)びん郎です。

びん郎とは?
高校時代に塾の教師が「びん郎(敏郎)か、しゅん郎(俊郎)か?」と聞いて「びん郎です」と返事したため。Googleで「びんろう」と検索すると、ヤシ科の植物「檳榔」と出るので気に入っている。

プロフィール:
商社マンとして8年間米国在住歴あり、メーカーで国際事業部門、バイオ、ヘルスケアの研究開発を経験。定年退職してインターネット起業。

お問い合わせ:
こちらをクリックしてお問い合わせフォームよりご意見・アドバイスをお寄せください。