法人銀行口座の開設、定年ジョイ | 定年ジョイ - 卒サラ起業塾

法人銀行口座の開設

会社を設立してまず必要になるのが法人名義の銀行口座です。

近年、法人口座はマネーロンダリングや犯罪に使われやすいということで、新設したばかりの法人が銀行口座を開設するのは簡単ではありません。しかし、コツさえ分かっていれば意外に簡単で、あっさりと法人口座を開設することができるので恐れることはありません。

どの金融機関を選択するか、人それぞれ好みがあるでしょう。格式やブランドを重んじる人は、個人口座として使い慣れた三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行などのメガバンクで法人口座を開設したいかもしれません。ホームページに取引銀行:三菱・三井住友と書けば世間体的にも見栄えがするでしょう。しかし、これらメガバンクでは法人口座は月々2100円程度の口座維持手数料がかかるのが普通です。また口座維持手数料を課さない大手地方銀行でもインターネットバンキングは有料の場合が多いのが現実です。

世間体の良い銀行口座を持つために毎月2,100円を払っていては定年ジョイ卒サラの達成は覚束ないものとなります。取引先の利便のために大手銀行の口座を持つべきだ、とか海外取引の利便性、とか理屈は幾らでもつくでしょうが、定年ジョイとしては無料の法人口座にこだわりたいと思います。

定年ジョイがお勧めするのは、ゆうちょ銀行、地元の銀行(地銀・信金等、但し無料であることが条件)とインターネット専業銀行の合計3行での口座開設です。このうちインターネット専業銀行は複数でも結構です。

1)ゆうちょ銀行

設立直後でまだ事業の実体のない会社でも口座開設を引き受けてくれるので、定年ジョイ卒サラ起業には最もあてにできる超一流の金融機関と言えます。法人設立登記の完了日にすべきことについては別項でご説明しましたが、税務署に法人解説届出書を提出して受付印をもらったら、真っ先にゆうちょ銀行に行って口座開設を申請しましょう。

  • 法人設立届出書の控え(受付印のあるもの)
  • 履歴事項全部証明書
  • 印鑑証明書
  • 主要株主名簿
  • 運転免許証(その他公的な本人証明)
  • 銀行印

その場で法人口座開設申請書に手書きで記入して持参した銀行印を押します。上述の書類は全て法人口座開設の受付の担当の方がコピーを取って返してくれます。ゆうちょ銀行の窓口での受付が一次審査を兼ねていますが、各ゆうちょ銀行から審査センターに送付され、問題がなければ約1週間後に通帳とキャッシュカードが別々に郵送されてきます。

ゆうちょ銀行の最大の利点は、月額手数料のかからないインターネットバンキングを提供してくれることです。また、ゆうちょ銀行の他口座へのオンライン送金(ゆうちょ銀行用語で「振替」という)がひと月あたり5回まで無料なので、代表者の個人口座をゆうちょ銀行に作っておけば、振込手数料がかかりません。公共料金や携帯電話などの引落口座にも使用できる、定年ジョイ卒サラ起業では断トツ一押しのメインバンクといえます。

2)地銀

ゆうちょ銀行には現時点では「社会保険料の引落に使用可能な金融機関リストに入っていない」という大きなデメリットがあります。後述するインターネット専業銀行も指定金融機関リストに入っていません。社会保険料は毎月支払う必要があり、毎月納付書が届いてから指定金融機関の窓口で納付することも不可能ではありませんが、ミスや手違いの元です。指定金融機関で、口座維持手数料を徴収しないところを見つけて、社会保険料の引落用の口座を確保することをお勧めします。地理的に便利な地銀・信用金庫で口座維持手数料を課さないところで普通預金口座を開設しましょう。地銀・信用金庫は中小企業が大事な顧客層なので、設立後間もない企業にも親切です。口座開設に必要な書類等は各行で微妙に異なるので、予めインターネットで確認するか、電話で問い合わせればよいでしょう。

私の場合は地元の優良企業である千葉銀行で口座開設しました。法人口座開設申請に行くと、美しく若い担当行員からインタビューを受けました。「口座開設の理由」を聞かれたので「ゆうちょ銀行を使用しているが、社会保険料の引落ができないので、千葉銀行で口座開設したい。」と答えました。

数日後、社内審査が完了したので正式に口座開設申請を出しに来て欲しい、と電話があり、再度出向いて口座開設申請書を提出すると、数十分後に通帳がもらえました。

社会保険料の引落依頼書(社会保険事務所で用紙をもらえます)を口座開設申請書と一緒に提出し、銀行の受付印をもらい、後日社会保険事務所に提出します。

3)インターネット専業銀行

インターネット専業銀行は法人口座の開設、維持に手数料がかからず、概して送金手数料も安いので、口座を作っておいて損はありません。特に通信販売業などの場合、入金に使える口座の選択肢を増やしておけば、お客様にとってのメリットになるでしょう。インターネット専業銀行の大手銀行で口座開設を申し込みましょう。各行のホームページから法人口座開設のページを探して、法人口座開設入力をして申込書と郵送用のラベル(郵便料金は受取人負担)を印刷して必要書類を同封して投函します。登記簿謄本(履歴事項全部証明書)の原本、ゆうちょ銀行の通帳のコピー、代表取締役であるあなたの運転免許証のコピー、その他、ホームページに書かれている書類を同封します。

楽天銀行はゆうちょ銀行との相性も良く、口座開設の手続きも簡単で迅速でした。

住信SBIネット銀行も手数料が割安で魅力的なサービスを提供してくれる銀行ですが、住信SBIネット銀行は現時点では統合ATMに加盟していないため、お客様がインターネットバンキングでSBI銀行の口座に送金する場合に、口座番号を記入しても口座名義名が表示されないという欠点があります。万一口座番号や支店名にミスがあれば差し戻しになり、お客様も確かに間違いない相手先に送金しているという確証が表示されないので、入金用口座としては(毎月同じ相手先から定期的に入金があるような場合を除いては)難があると言えます。

ジャパンネット銀行は、ネットオークションなどで入金口座としてリストアップされることの多い銀行ですが、顧客目線のインターネット専業銀行とは一線を画しており、法人口座の開設は「独自の基準」で審査を実施してジャパンネット銀行が判断する、という「上から目線」の会社です。特にホームページ審査が厳しいと言われています。私の場合は、ゆうちょ銀行、楽天銀行、千葉銀行とスムーズに口座開設した後でジャパンネット銀行に口座開設申請を出しました。ホームページ作成にも長年の経験があり、それなりのホームページを立ち上げて申請したつもりでしたが、ジャパンネット銀行が独自の審査基準により審査を実施したうえで口座開設はお断りすることになった、理由は開示しない、との慇懃無礼な回答が郵送されてきました。個人口座は誰でも受け付け、法人口座は上から目線で理由も言わずにお役所対応をするというのは、方針として一貫性を欠いているのではないでしょうか。ひと昔前、インターネットバンキングの初期には強烈な存在理由のあった銀行だっただけに残念です。ちなみに、ジャパンネット銀行は他のネット銀行を尻目にして平成25年決算期の9月中間決算では収益、経常利益、最終利益の三項目とも前年比マイナスになっています。


binro

定年ジョイ(びん郎)のメールマガジンではアフィリエイターの皆さんにとって役立つ情報、面白い話、読者限定オファーなどを不定期に配信していますので、ご興味のある方は下記の申し込みフォームからお気軽にお申し込みください。

 

[knews_form id=1 name=ask surname=not_required stylize=1]

メルマガ中のリンクから簡単に購読解除ができ、また解除後の再開も歓迎です。

イチ押し商品
2000以上のHD動画を組み合わせて自分の動画を作れる圧倒的な動画資産をあなたのものに!
人気の 速攻!3Dカバー
一次再配布権付
 12,800円 びん郎の豪華特典
こんにちは、びん郎です
今日は。若干写真が若作りですが(フナッジー改め)びん郎です。

びん郎とは?
高校時代に塾の教師が「びん郎(敏郎)か、しゅん郎(俊郎)か?」と聞いて「びん郎です」と返事したため。Googleで「びんろう」と検索すると、ヤシ科の植物「檳榔」と出るので気に入っている。

プロフィール:
商社マンとして8年間米国在住歴あり、メーカーで国際事業部門、バイオ、ヘルスケアの研究開発を経験。定年退職してインターネット起業。

お問い合わせ:
こちらをクリックしてお問い合わせフォームよりご意見・アドバイスをお寄せください。