定年ジョイ、定年退職は起業のベストチャンス、卒サラのすすめ | 定年ジョイ - 卒サラ起業塾

定年ジョイ、定年退職は起業のベストチャンス、卒サラのすすめ

こんにちは、定年ジョイのびん郎です。当初、船橋市在住の爺ということで、やや自虐的にフナッジーと名乗りましたが、フナッシーが有名になり過ぎたこともあり、びん郎に改名しました。
昨年3月に60才になって3月末で定年退職し、卒サラ起業しました。経営コンサルティングとウェブマーケティングの会社です。38年間の長いような短いようなサラリーマン生活でしたが、定年を一年後に控えた昨春に定年後どうするかについて考えた結果、以下のような選択肢から起業を選択しました。

  • 起業する。
  • 別の会社に再就職する。
  • 仕事を一切やめて、趣味の旅行、登山などで遊んで暮らす。

有給休暇残の消化で1月から時間的余裕ができたので、1月に株式会社を設立登記して2~3月に種々準備を行いました。実際に起業して得た経験やノウハウを、日本中の同年代の人たちや起業を目指す方々と分かち合いたいということで、本サイト「定年ジョイ」を立ち上げました。

定年ジョイ=定年JoyはTeinenJoyであり、TeinENJOYのオヤジギャグでもあるのですが、メインテーマは「卒サラ」です。脱サラは多くの場合、家族に対する責任にもかかる深刻な決断を伴いますが、定年でどうせ会社をやめるというタイミングは、起業を思い切るまたとないベストチャンスです。

また、詳細は各コラムで述べますが、定年退職時の会社設立には税金、社会保険等でさまざまなメリットがあり、その意味でも起業のベストチャンスと言えると思います。

会社設立の手続きについては数多く書籍が出版されていますが、体系的にまとめられた質の高い本ほど懇切に広い範囲をカバーしており、自分はどうすればよいのかを理解することは簡単ではありませんでした。例えば会社には株式会社以外に、合名会社、合同会社、合資会社とあり、有限会社についての歴史的経緯も理解するに越したことはなく、それ以前に個人事業主となる選択肢についての検討が必要です。定年ジョイでは、サラリーマンが、ゼロベースから、自分ひとりが出資して株式会社を設立し、自分が代表取締役となる場合をモデルケースとすることで、無駄な説明を省き、読者が決断しやすくなるように工夫しました。

お読みいただいた方々のご意見やアイデアを活かして、ノリッジベースと交流の場を構築していきたいと思います。

 


binro

定年ジョイ(びん郎)のメールマガジンではアフィリエイターの皆さんにとって役立つ情報、面白い話、読者限定オファーなどを不定期に配信していますので、ご興味のある方は下記の申し込みフォームからお気軽にお申し込みください。

 

[knews_form id=1 name=ask surname=not_required stylize=1]

メルマガ中のリンクから簡単に購読解除ができ、また解除後の再開も歓迎です。

イチ押し商品
2000以上のHD動画を組み合わせて自分の動画を作れる圧倒的な動画資産をあなたのものに!
人気の 速攻!3Dカバー
一次再配布権付
 12,800円 びん郎の豪華特典
こんにちは、びん郎です
今日は。若干写真が若作りですが(フナッジー改め)びん郎です。

びん郎とは?
高校時代に塾の教師が「びん郎(敏郎)か、しゅん郎(俊郎)か?」と聞いて「びん郎です」と返事したため。Googleで「びんろう」と検索すると、ヤシ科の植物「檳榔」と出るので気に入っている。

プロフィール:
商社マンとして8年間米国在住歴あり、メーカーで国際事業部門、バイオ、ヘルスケアの研究開発を経験。定年退職してインターネット起業。

お問い合わせ:
こちらをクリックしてお問い合わせフォームよりご意見・アドバイスをお寄せください。