法人名義のクレジットカード(法人カード) | 定年ジョイ - 卒サラ起業塾

法人名義のクレジットカード(法人カード)

代表取締役=唯一従業員というシンプルな会社の場合、法人名義のクレジットカード(法人カード)が無くても大した不便はありません。経費の支払いは代表取締役であるあなたが現金やクレジットカード(個人カード)で立替払いをして、会社は未払い金を計上しておいて、定期的にあなたと精算すればよいからです。

しかし、税務上も、契約概念上も、会社から直接業者あてに支払うことが望ましいことであり、法人名義のクレジットカード(法人カード)は是非欲しいところです。個人のクレジットカードで支払う場合に会社名を明記した領収書を発行してもらうのが簡単ではない場合もあり、法人名義のクレジットカードがあれば会計処理も楽と言えます。

問題は法人名義のクレジットカード(法人カード)は発行してくれる会社が少なく、審査も簡単ではなく、年間手数料が高いということです。アメックス、ダイナース、JCB、セゾン等が法人カードをオファーしていますが、年間手数料が1万円未満のクレジットカードはインターネット検索で調べた範囲ではその時点ではJCB系のみでした。(ダイナースクラブの法人カードは年会費2,100円のものがありますが、ダイナースクラブ個人カードの保有者に限るという条件がついていました。その後オリコでも年会費2000円クラスの法人カードの提供を開始したようです。)個人向けカードと違って年会費無料のカードはどこからもオファーされていませんでした。

迷わず年会費が断トツに安いJCBの一般法人カードを選択し、ホームページから申し込みをインプットしたところ、何の問題もなくスムーズにスムーズに法人カードとETCカードが取得できました。

正確には「JCBビジネスプラス法人カード(一般カード)」という名前カードで下記の左側の画像がこれです。紛らわしいですが「JCB一般法人カード」というカードもあり下記の右側の画像の通りです。

JCBビジネスプラス一般法人カード JCB一般法人カード

ともに年会費は1,250円(税別)で初年度年会費は無料です。違うのはJCBビジネスプラス法人カード(一般カード)はポイントがキャッシュバックの形で還元され(翌月の請求から差し引かれる)、JCB一般法人カードはOki Dokiランドのポイントがもらえるという点だけです。法人設立にあたって経費をクレジットカードで支払ってポイントをもらう、ということには違和感があり、私はJCBビジネスプラス法人カード(一般カード)にしました。

JCBが自社で発行するベーシックなクレジットカードであり、その後、携帯電話(ウィルコム)、固定電話(NTT050PlusのIP電話)、サーバー関係など、毎月の経費の殆どをこのクレジットカードで落としていますが、会計・税務上も明解で満足しています。

なお、JCBビジネスプラス法人カード(一般カード)、JCB一般法人カードとも年会費1万円の「ゴールドカード」がありますが、ゼロからの起業にゴールドカードは無用の長物であり、もしゴールドカードの特典や還元率に興味があれば個人名義のカード(既に持っているならなおさら)で良いと感じます。

またゴールドカードの申し込み規定には

「JCBゴールド法人カード、JCBビジネスプラスゴールド法人カードのご入会にあたっては所定の審査があります。ご希望に添えず、JCB一般法人カード、JCBビジネスプラス一般法人カードが発行される場合があります。その場合の入会特典のJCBギフトカードのご提供はJCB一般法人カード、JCBビジネスプラス一般法人カードのご入会特典となります。」

との但し書きがあるのでこの点もご注意ください。会社設立後間もない時点でゴールドカードを申し込んでも審査が通らない可能性が高いようです。

イチ押し商品
2000以上のHD動画を組み合わせて自分の動画を作れる圧倒的な動画資産をあなたのものに!
人気の 速攻!3Dカバー
一次再配布権付
 12,800円 びん郎の豪華特典
こんにちは、びん郎です
今日は。若干写真が若作りですが(フナッジー改め)びん郎です。

びん郎とは?
高校時代に塾の教師が「びん郎(敏郎)か、しゅん郎(俊郎)か?」と聞いて「びん郎です」と返事したため。Googleで「びんろう」と検索すると、ヤシ科の植物「檳榔」と出るので気に入っている。

プロフィール:
商社マンとして8年間米国在住歴あり、メーカーで国際事業部門、バイオ、ヘルスケアの研究開発を経験。定年退職してインターネット起業。

お問い合わせ:
こちらをクリックしてお問い合わせフォームよりご意見・アドバイスをお寄せください。