ソニーα7sはISO感度409600フルサイズCCDの4K対応ミラーレス一眼 | 定年ジョイ - 卒サラ起業塾

ソニーのアルファ7sはISO感度409600フルサイズCCDの4K対応ミラーレス一眼

ソニーから究極の超高感度ミラーレス一眼カメラα7sの発売が発表された。

ISO感度409,600がどのくらい凄いかというと、ISO100に比べて絞りが12段階絞れるということだ。

ISO100の標準カラーフィルムでF1.4全開、シャッター1秒で「ろうそくを吹き消す少女」の写真を映せる場合、ソニーα7sを使うとシャッタースピード120分の1、絞りF8で撮れるということを意味する。これは、フィルムカメラでいうと真昼の屋外(直射光の当たっていない被写体)を写す場合の条件。

すなわち、ソニーα7sを使えば、裸眼で見える光景なら誰でも手ぶれやピンボケを気にせずに綺麗な写真が撮れることになる。

画素数は1220万画素と少な目であり、A3サイズの写真をプリントするには少し無理がある。動画撮影や、一般人やアマチュアの写真家が静止画を撮る目的には最高のカメラといえる。

カールツァイスレンズ搭載の超高性能コンパクトカメラRX-1とRX-100でニコン・キャノンを不安にさせたソニーが本丸に近いところで「これでどうだ」とバシッと叩き付けたカードのように見える。

むしろ、注目されるのはソニーの次の一手ではないだろうか。CCDを制覇したソニーが本丸の高級一眼カメラ分野で、ニコン・キャノンがすぐには真似のできない新製品を発売する時期が迫っていることを感じる。

 

関連記事:

ISO感度409,600はソニーのアルファ7Sだけではない、NIKON D4S、CANON 1DXと比較

同窓会の二次会には高性能カメラがお勧め

還暦祝いギフトにはSony DSC-RX100

カテゴリー: カメラ・電器
イチ押し商品
2000以上のHD動画を組み合わせて自分の動画を作れる圧倒的な動画資産をあなたのものに!
人気の 速攻!3Dカバー
一次再配布権付
 12,800円 びん郎の豪華特典
こんにちは、びん郎です
今日は。若干写真が若作りですが(フナッジー改め)びん郎です。

びん郎とは?
高校時代に塾の教師が「びん郎(敏郎)か、しゅん郎(俊郎)か?」と聞いて「びん郎です」と返事したため。Googleで「びんろう」と検索すると、ヤシ科の植物「檳榔」と出るので気に入っている。

プロフィール:
商社マンとして8年間米国在住歴あり、メーカーで国際事業部門、バイオ、ヘルスケアの研究開発を経験。定年退職してインターネット起業。

お問い合わせ:
こちらをクリックしてお問い合わせフォームよりご意見・アドバイスをお寄せください。