オブリビオンの美人女優オルガ・キュリレンコ | 定年ジョイ - 卒サラ起業塾

オブリビオンでトムクルーズと共演の美人女優オルガ・キュリレンコ

トムクルーズ主演のオブリビオンが2013年5月31日に日本公開され、東宝シネマ 船橋ららぽーとに見に行きました。何ヶ月か前から東宝シネマで映画開演前に短い予告編が流されており、この映画には期待を抱いていました。

舞台は2077年の地球。まるで宇宙空間のようなセッティングのサテライト基地での主人公(トム・クルーズ)と「理想のパートナー」(ビクトリア・オルセン)の「日常光景」から始まります。二人は任務上の理由により記憶を抹消されていますが、トムクルーズの脳裏には、現代(2013年の数年後)のニューヨークの路上やエンパイヤステートビルの屋上の雑踏を超えて微笑みかける美しい女性の顔が、時折り、フラッシュバックのように浮かぶのです。

データとして見ると、戦闘シーンに満ちたSF映画で、人類愛、ヒロイズム、自己犠牲と、月並みなキーワードが列挙されますが、シンプルながら完成度の高い、美しいラブストーリーだったと思います。やはりこの映画で一番印象に残ったのは、その「謎の女性」でした。黒髪で、最初のフラッシュバックではアジア系のロシア人かと思いましたが、後のシーンでよく見るとロシア系美人の一典型でした。映画の最後に出る出演者名でOlga Kurylenkoという女優であることがわかりました。

ネットで調べてもOlgaに関する日本語の記事は非常にわずかでしたが、Kurilenkoはキュリレンコと表記されていました。ロシア系の読み方ならクリレンコなのですが。英語で検索すると、Olga Kurylenkoは1979年11月14日にウクライナで生まれ、14歳でスカウトされてモデルになり16歳でフランスに移住、26歳頃から女優もしているそうです。えびちゃんが1979年10月3日生まれですから、そこはかとなく漂う柔らかな雰囲気を含め、共通する部分がありますね。

Ring Fingerという映画に出演した際のDVDのラベルに大写しの顔がありました。


何ともいえない深い印象が残った美人女優だったので、しばらく注目したいと思います。


binro

定年ジョイ(びん郎)のメールマガジンではアフィリエイターの皆さんにとって役立つ情報、面白い話、読者限定オファーなどを不定期に配信していますので、ご興味のある方は下記の申し込みフォームからお気軽にお申し込みください。

 

[knews_form id=1 name=ask surname=not_required stylize=1]

メルマガ中のリンクから簡単に購読解除ができ、また解除後の再開も歓迎です。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

イチ押し商品
2000以上のHD動画を組み合わせて自分の動画を作れる圧倒的な動画資産をあなたのものに!
人気の 速攻!3Dカバー
一次再配布権付
 12,800円 びん郎の豪華特典
こんにちは、びん郎です
今日は。若干写真が若作りですが(フナッジー改め)びん郎です。

びん郎とは?
高校時代に塾の教師が「びん郎(敏郎)か、しゅん郎(俊郎)か?」と聞いて「びん郎です」と返事したため。Googleで「びんろう」と検索すると、ヤシ科の植物「檳榔」と出るので気に入っている。

プロフィール:
商社マンとして8年間米国在住歴あり、メーカーで国際事業部門、バイオ、ヘルスケアの研究開発を経験。定年退職してインターネット起業。

お問い合わせ:
こちらをクリックしてお問い合わせフォームよりご意見・アドバイスをお寄せください。