「私は日本の誰もが知っているであろう 上場企業で社長をしていました」というメールが届いた | 定年ジョイ - 卒サラ起業塾

「私は日本の誰もが知っているであろう 上場企業で社長をしていました」というメールが届いた

今朝、インフォカート株式会社という著名なASPから以下の通りのメールが届きました。メールの掲題は「初めまして、豊田昇と申します。」でした。

 

私は日本の誰もが知っているであろう
上場企業で社長をしていました。

25年間の長い歳月をかけ、
やっと昇りつめた地位です。

しかし、それもつかの間。

今まで馬車馬のように働いてきた
会社でしたが、社長であるにも関わらず、
辞めざるを得ない状況に陥りました。

本当に辛かったですし、凄く悲しかったです。

ですが、私は1から全てをやり直し、
3年間という短期間で総額5億円を
稼ぎだす事に成功しました。

http://www.infocart.jp/adCnt/click.php?no=6447

 

「上場企業で社長をしていました」というのが本当ならGoogle検索で”豊田昇 社長|取締役”をキーワードとして検索すれば必ずヒットするはずです。しかし、Trend line 株式会社という現在経営する会社はヒットしますが、上場企業の名前は出てきませんでした。(注:見落とした場合、及び名前が変わっている可能性を排除できませんので念のため。)次に”豊田昇 評判”で検索すると、上記のメールのオファーに関する記事が沢山出てきました。その記事の一つに「上場企業の海外子会社の社長だった」と書いてありました。(その情報の真偽は不明ですが。)

上場企業の海外子会社はピンキリですが、非常に大規模でない海外子会社は、普通は課長クラスのポジションです。販売会社は課長代理クラスが社長になる場合も多いです。

もし本社の社長でなく海外子会社の社長をしていたというのが真相なら、初対面の相手に「私は日本の誰もが知っているであろう上場企業で社長をしていました。」と自己紹介をするのは「私は詐欺師です」と言うのと同じです。但し、そう言った直ぐ後で「ウソぴょーん」という場合は別です。

上記の商材に興味がある方は、注文する前に豊田昇氏に「本社の社長でしたか、それとも海外子会社の社長だったのですか?」とメールで質問をして、答えが後者だった場合は相手にしないことをお勧めします。

私なら付き合う相手としては上場企業の海外子会社の社長を経験した人材ならバイタリティーと信用の両方がありそうで魅力を感じるのですが・・・。

オファーされているリンクをクリックすると「丸投げシステムを搭載した副業で誰でも安定的に月30万円以上稼げる方法。1日30分パソコンをカチカチするだけの単純作業で月収30万円を稼ぎ出す。」と書かれています。このキャッチコピーの場合、商材の価格は298,000円に設定されているのではないかと推測します。お客さまになる人が「298,000円払ってもひと月で元が取れるぞ!」と考えるからです。

なお、この種のメールは毎日のように届くので普通は見ないのですが、著名なASPのインフォカート株式会社から「これは第三者の依頼による配信です」と書かずにあたかもインフォカート株式会社からのメールであるような体裁で届いたので読みました。

タグ: , ,
カテゴリー: アフィリエイト・SEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

イチ押し商品
2000以上のHD動画を組み合わせて自分の動画を作れる圧倒的な動画資産をあなたのものに!
人気の 速攻!3Dカバー
一次再配布権付
 12,800円 びん郎の豪華特典
こんにちは、びん郎です
今日は。若干写真が若作りですが(フナッジー改め)びん郎です。

びん郎とは?
高校時代に塾の教師が「びん郎(敏郎)か、しゅん郎(俊郎)か?」と聞いて「びん郎です」と返事したため。Googleで「びんろう」と検索すると、ヤシ科の植物「檳榔」と出るので気に入っている。

プロフィール:
商社マンとして8年間米国在住歴あり、メーカーで国際事業部門、バイオ、ヘルスケアの研究開発を経験。定年退職してインターネット起業。

お問い合わせ:
こちらをクリックしてお問い合わせフォームよりご意見・アドバイスをお寄せください。