Video Alchemy (ビデオ・アルケミー、動画錬金術)という凄い動画作成ソフトが発売された | 定年ジョイ - 卒サラ起業塾

Video Alchemy (ビデオ・アルケミー、動画錬金術)という凄い動画作成ソフトが発売された

Video Alchemy という凄い動画作成ソフトが発売されました。ビデオ・アルケミー、直訳すると「動画錬金術」という意味になります。 Video Alchemy(動画錬金術)の何が凄いかというと、キーワード検索、スピン(書き換え)、翻訳、読み上げ、YouTube動画の自動作成までの機能が全て盛り込まれており、翻訳・読み上げには日本語も選択可能であるということです。こんな動画作成ソフトは日本にはあと2,3年は出てこないでしょう。 Video Alchemy(動画錬金術)の使用方法は以下の通りです。

Step 1 – まずテンプレートを選択する – Video Alchemy(動画錬金術)には動画作成のための豊富なテンプレートが付属しています

 Step 2 – キーワードを入力する

Step 3 – 入力したキーワードに関する記事がVideo Alchemy(動画錬金術)によってズラリとリストアップされるので、その中から好きな記事を選択し、「スピン」ボタンを押すと、オリジナル記事と検索エンジンがみなす記事が作成される。もし同じ記事で動画を3本作成したければ「スピン」を3回までかけられる。

Step 4 – バックグラウンド音楽BGMを選択する – Video Alchemy(動画錬金術)に付属しています

Step 5 – 動画の中に挿入する写真画像を挿入する

Step 6 – 100以上の言語の中から、動画を何語で作成するかを選択し、また文章を読み上げる声を選択する(英語の場合はデーブとかケイトなど)。Video Alchemy(動画錬金術)の素晴らしい点は日本語が選択肢に含まれているということです!!(これがポイントです)

Step 7 – 「エンコード」ボタンを押す。すると、Step6で日本語を選択した場合は、Step3で選択した文章が、そのまま日本語の動画として出来上がります。

 具体的にVideo Alchemy(動画錬金術)を使ってどのような動画が出来上がるかは、ここをクリックして、説明ビデオをご覧ください。

Video Alchemy(動画錬金術)とは、日本には無い驚くべき動画作成ソフトですね。でもアメリカで発売されるソフトの多くは、日本語・中国語などの2バイト文字を全く受け付けないので、「これはスゴイ!」と狂喜して買ったものの全く使えなかった、というものが幾つもありました。このVideo Alchemyは英語から日本語への翻訳機能まで付いており、日本語の動画が作成できる、という点が「最も凄い」点です。

勿論、自動翻訳ですから、(Google翻訳を試したことがありますか?)不自然な日本語になるでしょうが、動画に含める語数はたかが知れていますから、出来上がった日本語をじっくりと添削すればよいですね。

Video Alchemy(動画錬金術)があれば、あなたの会社をポルトガル語、スペイン語や中国で宣伝する動画を作成してYouTubeにアップロードすることも簡単です!!

この記事を書いている時点でのVideo Alchemy(動画錬金術)のフルバージョンの価格は発売時特価としてUS$37(4000円程度)ですが、最近のアメリカの新製品発売の常套手段として、徐々に価格を上げていき、最終的には6~7千円になるのではないかと予想します。ちなみに、このフルバージョンがUS$37という価格は日本時間で10月12日の午後9時までです。この動画作成ソフト、Video Alchemy(動画錬金術)ライトバージョンはUS$27と機能の割には超低価格ですが、付属テンプレート数が少ないとか、1日10ビデオ以内とか制限事項があります。

Video Alchemy(動画錬金術)の販売ページの書き方は少しセンセーショナルです。

「キーワードをインプットするだけで、2分後には素晴らしいハイクォリティー、パワフルで収益を引き寄せる、アニメートされた話す動画を、努力なしで、コンテント作成の必要もなく、あなたが選択する言語で作成することができる」

カテゴリー: おすすめ商材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

こんにちは、びん郎です
今日は。若干写真が若作りですが(フナッジー改め)びん郎です。

びん郎とは?
高校時代に塾の教師が「びん郎(敏郎)か、しゅん郎(俊郎)か?」と聞いて「びん郎です」と返事したため。Googleで「びんろう」と検索すると、ヤシ科の植物「檳榔」と出るので気に入っている。

プロフィール:
商社マンとして8年間米国在住歴あり、メーカーで国際事業部門、バイオ、ヘルスケアの研究開発を経験。定年退職してインターネット起業。

お問い合わせ:
こちらをクリックしてお問い合わせフォームよりご意見・アドバイスをお寄せください。