米国発売10か月後にGoogleが日本でも発売したクロームキャストのメリットとは? | 定年ジョイ - 卒サラ起業塾

Googleが米国発売10か月後に日本でも発売したクロームキャストのメリットとは?

「GoogleがChromecastを発表」という記事を衝撃を覚えながら書いたのが昨年の7月だが、1年近く経過した5月28日にグーグルの日本法人からやっと発売された。アメリカでの価格は35ドルだが、日本発売価格は4,200円だ。Amazonでは送料込みで4,536円と表示されている。(2014年6月5日朝 現在)

USBメモリーのお化けのような外観で、先端にはUSBではなくHDMIプラグが付いていて、テレビのHDMIケーブルの差し込み口に差して使用する。


(画像はAmazon広告)

クロームキャストを差し込むことによって、YouTubeやその他のビデオ配信サイトをテレビで見ることができるようになる。

しかし、別にクロームキャストを買わなくても、最近はテレビ自体にネット閲覧機能が付いているものが多い。例えば我が家のVIERAはLANケーブルでネットに接続されていて、YouTube以外にも有料・無料のネットサイトを見られる。

クロームキャストにどんなメリットがあるのだろうか?

WiFi子機機能内蔵。家庭内の無線LANルーターとケーブルなしでつながる。テレビ用のWiFi子機は各種販売されているがcompatilibityの問題もあり、買いにくい。クロームキャストなら4,200円と十分低価格だし、テレビメーカーもcompatilibeにしないとテレビが売れなくなるので、最も安心なテレビ用WiFi子機と言える。

スマホやタブレットをリモコン代わりに使える。テレビのリモコンで、検索欄などに文字入力するのは面倒だ(正直なところ使い物にならない)が、スマホで入力できれば実用に耐えるようになる。

スマホ・タブレットを繋いだ状態で、TV、LANルーター、クロームキャスト、HDレコーダー、等々が有機的につながった形になるわけだが、その状態でどれが主役かというと、「実は主役である人間がリモートコントローラーを介して操作しているのはクロームキャスト本体であり、それ以外はクロームキャストの周辺機器なのだ、という「実態」になるかねない。

すなわち、クロームキャスト本体は(一見そのようには見えないが)人間の頭脳の直接の支配下にある高機能ルーターという位置づけになる可能性を内包している。Googleの大きな野望がメタボなUSBメモリーのような小さな物体に秘められているのだ。

卑近なところでは、スマホに保存された動画・静止画を、テレビの大画面で見ることができ、家族にも見せられるのが楽しい。

カテゴリー: カメラ・電器

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

イチ押し商品
2000以上のHD動画を組み合わせて自分の動画を作れる圧倒的な動画資産をあなたのものに!
人気の 速攻!3Dカバー
一次再配布権付
 12,800円 びん郎の豪華特典
こんにちは、びん郎です
今日は。若干写真が若作りですが(フナッジー改め)びん郎です。

びん郎とは?
高校時代に塾の教師が「びん郎(敏郎)か、しゅん郎(俊郎)か?」と聞いて「びん郎です」と返事したため。Googleで「びんろう」と検索すると、ヤシ科の植物「檳榔」と出るので気に入っている。

プロフィール:
商社マンとして8年間米国在住歴あり、メーカーで国際事業部門、バイオ、ヘルスケアの研究開発を経験。定年退職してインターネット起業。

お問い合わせ:
こちらをクリックしてお問い合わせフォームよりご意見・アドバイスをお寄せください。