オールドドメインでアクセスアップした実例 | 定年ジョイ - 卒サラ起業塾

オールドドメインでアクセスアップした実例

開業以来、新たに取得したドメインだけでサイトを作ってきたが、オールドドメインの効用について色々な記事を読んだ結果、自分もやってみよう、と昨年の12月にオールドドメインを4個仕入れてみた。

取得方法についても種々説明されていたが、オールドドメインの取得にあまり時間をかけたくなかったので、中古ドメイン販売屋さんを利用した。

中古ドメイン販売屋さんでは一旦買い付けたドメインを販売するという、「仕入転売業務」と、他者保有のドメインの委託販売業務の二本立てになっている。私が利用したのは仕入れ転売のほうだ。仕入れ時に中古ドメイン販売屋さんが、プロの目でチェックして価格を決めてオファーしており、ドメインの詳細データも見たうえで比較判断できるため、大外れがない。自分で苦労してオールドドメインを取得するより何割かは高くなるが、リスクと手間を考えると、プロの目利きに何割か払うことは妥当だと思った。

ドメインの在庫リストはほぼ毎日更新されているようであり、名前・価格・データで気に入ったものを、ひとつひとつ仕入れ、1週間ほどで4ドメインを購入した。PageRank付きで10年以上のドメインで、そこそこの価格であることが、判断基準だった。またできるだけ短い名前が潰しがきくので、結局すべて4~6文字で.comドメイン3個と.netドメイン1個となった。

ネットをサーフィンしていると、英語の長い名前のオールドドメインを仕入れて作ったブログや販売サイトを見かけることがある。例えば、Florida-Bakeries.comというような感じの名前で、化粧品のアフィリエイトサイトがあったりする。仮にPRの高い10年物のドメインだったにしても、それはないだろう、という気がする。これほど極端な例で無いにしても、オールドドメイン仕入れ時に気を付けたい点(意外に陥りやすい状況)と思う。

4つのドメインは2か月ほど寝かした。貴重なものを買ったという気持ちがあり、「大事なものを何に使おう」と迷っていたからだ。10日ほど前にそのうちのひとつ4文字の.comドメインを、移転用に使った。1年ほど前に取得した.bizの新ドメインで自動投稿ソフトを多用して作成したサイトがあり、今年の年初にGoogleに嫌われていることが明確だったので、Googleの嫌いそうな投稿(オリジナルコンテンツの入っていない記事)をバッサバッサと削除し、 いくつかオリジナルコンテンツの記事を追加したが、殆どアクセスが来ない。一日のアクセス数が0~3(最大でも5を超えたことがない)という惨憺たる状況だった。

2月21日にそのサイトの内容をDuplicatorでコピーして、四文字 .comのオールドドメインんに移転した。2月22日には訪問者数が7と、史上初の5オーバーとなった。その後、気を良くして毎日1記事ずつ投稿しているが、アクセス数が非常に順調に伸びている。昨夜(3月1日)時点での忍者アナライズ画面は以下の通りだった。

image

これは3000~4000円で取得したオールドドメインが、これほど有効なら、手持ちの不振なサイトを同じように移転したいところだ。

しかし、これは極端な例であり、いつもこんなにうまくはいかないと思っている。たぶん、移転前のドメインが、1か月以上身ぎれいにしておいてもGoogle嬢の気が変わらないほど印象が悪かったとか、別の要因が大きかったのだろう。

もうひとつ考えられるのは、移転前のサイトはWebhostingpadのサーバーで運営しており、移転後のオールドドメインのサイトはHostGatorのサーバーを使ったということだ。Webhostingpadのサーバーはダウンタイムも多く、気になっていた。HostGatorは欧米では最も人気のあるサーバーのひとつだ。(日本でアクセスする場合は日本のサーバーのほうが速いが、Google嬢にとってはHostGatorの方が速いかもしれない。)HostGatorについては改めて別の記事で説明したい。

カテゴリー: WordPress・サーバー, アフィリエイト・SEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

イチ押し商品
2000以上のHD動画を組み合わせて自分の動画を作れる圧倒的な動画資産をあなたのものに!
人気の 速攻!3Dカバー
一次再配布権付
 12,800円 びん郎の豪華特典
こんにちは、びん郎です
今日は。若干写真が若作りですが(フナッジー改め)びん郎です。

びん郎とは?
高校時代に塾の教師が「びん郎(敏郎)か、しゅん郎(俊郎)か?」と聞いて「びん郎です」と返事したため。Googleで「びんろう」と検索すると、ヤシ科の植物「檳榔」と出るので気に入っている。

プロフィール:
商社マンとして8年間米国在住歴あり、メーカーで国際事業部門、バイオ、ヘルスケアの研究開発を経験。定年退職してインターネット起業。

お問い合わせ:
こちらをクリックしてお問い合わせフォームよりご意見・アドバイスをお寄せください。